読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんかくラジオ~第10回~

アーカイブ出たので畳みます( ˘ω˘)

 アーカイブ

www.youtube.com

EIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオ

の、覚え書き第10回放送分。

めでたく迎えた10回目+*

まだまだ花粉シーズン真っ只中で和斗さんは引き続き鼻声気味。

しかしこれを書いてる現在9月上旬!

タイムラグが開いてまいりました。

諦めないぞ、ラジオCDが出るまで……(^-^)

 

4月3週目放送、OP曲はTHE TRIANGLE。

オープニングトークは3月に発売したアルバムとプロモーションについての話題。

様々な取り扱いショップでPOPを書いたりMVを流してくれたりと色々なPR方法をとってくれている。

中でも名古屋のアニメイトさんが大きく取り扱ってくれていた、とりゅーどーさん。

 

りゅーどーさん(以下り):こういう事が嬉しいですよね。

零くん(以下R)、和斗さん(以下K):

り:本当にプロモーションに行った甲斐があるっていう場所でもありますもんね。前回もそうでしたけど、美味しいものもしっかり食べてくるっていうのが……何故かこのエイトラのプロモーションに必ず『食』がついてくるっていう。笑

R:いやー何せ食べるの大好き!

り:Rayくんね!いいよもう元気にむしゃむしゃ食べてたら!おぢさんお金払っちゃう!

R:笑。

K:出ました。笑

り:エッヘヘまずいまずい。笑

 

出ました。

開始2分足らずで早速りゅーどーおぢさん顕現です。笑

名古屋の話が出たところで今週もエイトラ社員食堂~今回は名古屋編。

 

り:今回名古屋で思い出に残ったグルメって何かありました?

K:もうあれしかないねぇ。

R:そうだな~。

K:もう今回はあれですよ、あのー……。

り:分かった!

 

和斗さんが言おうとしたところ、りゅーどーさん食い気味にカットイン!

 

K:はい、どうぞ。

り:味噌カツ

K:ぶっ。

R:ぶ~~~~っ。

り:ええ~~~~。

 

現在も時々出てくる和斗さんの『ぶー。』(^-^)

 

り:じゃあ~あのー、うどん!

K:ぶっ。

り:ええ~あと何だろう。名古屋名古y……。

K:ぶっ。

り:あっはは全部違うの。笑

R:笑。

 

今度は和斗さんが食い気味の『ぶっ。』。

 

K:今回はあれですよ。お酒でも料理でもないです。

り:えっ!

R:俺のだ~い好きな、あま~~いものですねえ!

 

ここの零くんの『あま~~いもの』の言い方なんか可愛かったです。

 

り:スイーツ!

K:ぶー。

り:ええ!?

K:ほぼ合ってるか。笑

R:和菓子ですね!

 

和斗さんの厳し目の判定に翻弄されるりゅーどーさんなのでした。

今回エイトラ社員食堂でおすすめされたものは芳光さんのわらび餅!

名古屋でイベンターさんがお土産に下さったもので2人ともお気に入りの様子。

tabelog.com

 

K:こーれはヤバい。

R:ヤバかったね。

 

ヤバいとか言う~。

若者っぽい!いや若者なんだけど。笑

和斗さんも時々ヤバいとか言うんだよね。

シースルー配信の時の『鬼リピート』とか(^-^)

 

R:これ、ヤバいですよほんとに!

K:ちょっとRayくん、言ってあげなよ。

り:普通のわらび餅ではない食感とかですか?味ですか?

R:ちょっとKazuto言ってよ。

K:……お前が言えよ。笑 美味しかったでしょ?

り:おいおいおいおいおい。目の前でイチャイチャすんなこのやろー。

R:怒られた。笑

 

この度々巻き起こる置いてけぼりトーク。笑

頑張れりゅーどーおぢさん!

 

K:覚えてないの?

R:覚えてるよ!

K:でしょ?

R:うん、なんかね。口溶けがすっごい良くて……。

り:うん。

K:そーうそうそうそう……。

 

あれ?和斗さん、親かな?(^-^)

この辺は零くんの食レポを正確にお伝えするためなるべく言ったままに書き出してます。笑

と言うか今回冒頭から地の文少ないな!

 

R:上品で、そんな甘すぎなくて……ちょっとこう控えめな甘さだから。

り:うん。

R:まあ、なんだろ、甘いの得意じゃない人でも全然食べられるし。

り:何かわらび餅って言うと、割とカットされて四角いようなものをきな粉とかにつけて戴くことが多いんですけど、形とかどうなんですかこれ。

 

りゅーどーさんは零くんの説明で不足している部分をリスナーに分かりやすいようにさりげなく質問しつつ進めて下さいます。

ラジオは視覚情報がないからね。

さすがロープーのアナウンサーです……!

※ロープーのアナウンサーって表現は後々ご本人が発言する。

 

R:これは……えと、丸ですね。大福みたいに丸くて、んで中にはこしあん。

り:あっこしあんなんだ!よだれ出ちゃった。笑

R:笑。

K:これが俺ポイントなんですよ、こしあん。つぶあんではなくこしあん。

 

ここから突如始まる餡の派閥論争。

ざわ……ざわ……(大げさ)。

 

り:あれっKazutoくん……。

K:こしあん派です。何派ですか?

り:つぶ……。

R:俺は……。

K:は…………だから合わないんですね。

R:俺……っ。

り:うっふふふ。笑

 

和斗さんのだから合わないんですね発言笑ったけどその前にちょっと聞いてあげてよ!

 

り:今ね今ねKazutoくん、Rayくんがさ。うちらが言ってるとき『俺は……っ俺は……っ』って。可愛い。笑

K:あっ。笑

り:いいよぉRayくん!

R:俺……俺どっちもっ!どっちも好きでーす!

 

良かったね零くん(つ-^)

って結局どっちもだった。笑

 

K:出たよ……。

り:やだなー何か。Kazutoかりゅーどーかどっちか選んで欲しい。

R:……。

K:どっちだ?

R:いや、りゅーどーさんゴメンナサイ……。

り:うおぉぉい!

 

がんばれりゅーどーおぢさぁぁん!!

 

K:こしあんだよな?やっぱな。

R:だってこれ好きだもん芳光のわらび餅。

り:へ~~~~こしあんなんだ……。

K:これはほんっとに美味しいですよ。

 

和斗さん餅苦手でいらっしゃるけどこちらのわらび餅は食べられたようです。

ただし夏季は販売してないので気をつけてくださいとのこと。

ということはもうすぐ食べられるはず(^-^)b

放送当時は食べられるのは半年くらい先かなって話をしてました。

夏合宿で食べてたクッピーわらび餅は通年食べられるっぽいけどね!笑

 

り:へぇ~~食べてみたい。でもこれだけ話を聞いて差し入れはないんだ。

R:笑。いや行ったのめっちゃ前っすよ!

り:でもホラお取り寄せでさ。

R:確かに……この場で食べてってやってないですもんね一回も。

K:それ……やりたいね。

R:やりたいやりたい。

K:ちょっとじゃあ……ホラお願いするの得意じゃん。

 

和斗さんうまい具合に零くんを操っております。

零くんブースの外のマサさんに交渉!

 

R:マサさん!い~い?ここで食レポ……。

R:ん……なんか笑って……あ、オッケーサイン来ました!

K:おお~。

り:笑。

R:えっアレ駄目だバツ……バツ!?ちょ、わかんないコレ!

り:なんだあのマサさんのツンデレな感じ。笑

K:言ってみるもんだね。

 

どうやらOKになった?模様。

現在今週の差し入れとかやってるしね!

マサさん隙を見ればTwitterでもちょいちょい前に出てこようとするよね?というりゅーどーさんの指摘。

そういえば5.7.5ツイートがプチ流行りしてた時マサさんも参戦してたよね。笑

 ちなみに上記ツイートに対する和斗さんのリプライがこちら。

 撒き散らしてるって辺りに花粉への負の感情が汲み取れます(つ-^)

 

次のコーナーはエイトラック。

2週に渡って秘蔵音源(リハ、adagioアコースティックver.)が流れましたがなんと今回もスペシャルな音源が聴ける模様!

 

K:今回はねほんと多分聴きたいと思う。

R:何っ……また俺に黙って……用意したの?

り:Kazutoくんもうね……笑っちゃう。笑

K:怒るところから入るよね?

R:スイッチ、怒りのスイッチ入った。

り:今ね音圧高めになったRayくん!

 

リハ音源公開からエイトラックのコーナーになると警戒心丸出しの零くん。

 

R:だって何が出てくるんだろうってドキドキしちゃって……。

K:何だと思う?

R:まただってアレでしょっリハのなんかさぁ俺がさぁ……。

 

君島さん、おこなの?(^-^)

 

K:いやリハはもう一回出したから。

R:えっ……囁き声?何囁き声で一分半?

K:笑。

り:えっそんなバージョンあるの。あるんだったら聴きたいけど。笑

R:いやもう分かんない!どこで録音してるか知らないんだもん俺!

K:Ray……。

R:え?

K:正解。

R:えっ正解なんかい!?笑

り:ねえねえねえねえ。家でさ何やってんの2人とも。囁き声録音したり?

R:いや違う違う!笑 だってもう……いつ回してんだよぉ……。

 

和斗さんの所有する素材音源の量って莫大な容量の予感。

それはそうと囁き声一分半ってリスナーの心臓が保たないと思うよ!

 

K:今回ねほら、大好きな……Reflect∞。

R:うん。好きだよ?

K:それの、最初にIMAJOさんと合わせてやった時の音源が。

R:うん、あるの?……あれ録ってたの!?

K:録~ってましたよー。

R:いやーマジか!

 

徐々にテンションが上がっていく零くんと和斗さんのドヤァ感が良き~。

 

り:凄い。もうファンの皆さん喜びますね。

R:ちょ、俺も聴きたいそれ!

K:でしょ?

り:おおおRayくんが前向きになった。

R:だって……あれ録ってたんだ。

K:Kazuto玉手箱が。

R:何それ……。笑

 

この後もSoundCloudで度々開かれるKazuto玉手箱、この発言から始まりましたね(^-^)b

和斗さんの曲紹介で始まるReflect∞スタジオ音源。

音合せの後緊張気味に歌い出す零くん。

ところどころでボーカルちょっと上がりますか?とか言ってるのが臨場感抜群。

和斗さんのキーボードも力強い存在感です!

ボーカルもさることながら楽器隊の完成度が大変素晴らしく……これが初合わせっていうのが凄いです、才能の集合体。

……曲に関して素人が表現するのって限界があるな((((^-^))))

私の語彙力ではこの感動を伝えきれない。

是非聴いて欲しい!ラジオCDに収録して下さい……!

 

R、り:

R:こんなのあったのお!

K:レアでしょ?

り:レア!!いいわあ!

R:最初も最初ですよ!ほんとに。

K:初めてIMAJOさんとね、逢って。

R:うん逢って!

K:合わせてみた時の。

R:歌詞と曲が揃ってちょっと詰めてみようって。

K:すっごい緊張してますよねこの声。

り:いやー声で分かる!

 

零くん大興奮です。

リスナー的にもかーなーりテンション上がりましたこの音源!

 

R:いや、てか俺の歌はいいわもう、もうIMAJOさんのギター!凄かったんだよ!俺の横でさあギターソロ!並んでやったんですよ!

り:このスタジオ練習。

R:そう!俺の右隣でもう、あの指さばきを……!

り:神のね!

R:神の指さばきを!見れて!

K:凄いよね、IMAJOさんは。

り:それで余計Rayくんの声に張りがあるっていうか。

K:ちょっと押されてる感じがありましたよね。

り:そりゃしょうがないよね神と一緒だったんだもん。

R:いーやぁ~楽しかったあ!これ後で頂戴?俺にも。

り:笑。いやあのね、この番組を何回も聴きなさい。

R:ここでしか聴けない?

り:ファンの皆さんと一緒にね。

R:同じ立場で聴きなさいと!笑

り:そりゃそうですよ!特別は許しません!りゅーどーが許しません。

R:はいっ失礼しました!

 

ここは飴と鞭でしっかりと厳しくしていかないとと思います!とりゅーどーさん。

 

R:シュン……。

り:あっ可愛いなぁちょっと!

 

Twitterで言う度に和斗さんに可愛くないと言われてるシュン、の初出がここです。笑

今回後々出てくる表現の初出が多いなあ(^-^)

厳しくしますとか言った直後に零くんのシュン、の可愛さにやられてしまい再度現れてしまったりゅーどーおぢさん。

 

り:もっかいやってもっかいやって。

R:シュン……。

り:ふふ……。笑 もうさKazutoくんがさ、冷ややかな目で見てるけど。

K:苦笑いですよ。笑

り:もうねおぢさん満面の笑みでね口角痛い。

 

次はエイトランドのコーナー。

『今後着てみたい衣装は?』というメール。

twitterでもそういう話になった、と零くん。

ファンの希望で多かったのは和装、軍服等。

実は和装は撮影した、とお2人。

 

K:もうRay凄いですよ。前がもう……凄い肌蹴てる。

R:そうなんですよね……。

り:えっだって和装ってしっかり前閉じてピシッとしてるものじゃないですか。

K:まあ肌蹴てますよ。すっごい肌蹴てて。笑

R:どんどん肌蹴ていってる気がする。笑

り:Kazutoくんは?

K:背中のショットなんですよ、俺は。

R:振り向き、みたいな。

K:んでRayは前からのショットなんですけど……まあ~肌蹴てましたね。笑

 

これがアルバム発売日(生音配信の日)に撮影していた件のビッグタオルの衣装の話だったんですねー。

和斗さん余程肌蹴た和装が斬新だったのか結構な回数肌蹴てる、って言ってる。笑

ここであの単位の登場です。

 

り:え?どのくらいまで?

K:パーセンテージで言うと……ほぼ100パーに近いくらい。

り:フロント100パー!?あっはははは!

 

りゅーどーさん驚きのあまりフロントのロ、辺りが巻き舌じみてます。

フルォント100パー。

 

り:それじゃあ腹筋完全出てるってことですか?

R:そう羽織を着てる……んで中は……。

り:ラフに羽織を羽織ってるって感じできちっと着てるってわけじゃないんだ。

 

結構出ちゃってるけど出来はすごく良いよ!と零くん。

うんうん、めちゃくちゃ格好良かったですね!

でもこの時はまだ何に使われるかエイトラの2人には伝えられてなくて、わからないままに撮影に挑んでいたそう。

 

り:この時スタジオの温度25℃大丈夫だった?

K:ふふ……25℃……。笑

り:だってそんなに肌蹴けちゃったらさ、背中的に大丈夫だったの?25℃さん。

K:25℃はいいぞ……。

R、り:

R:なんか聞いたなそれ。笑

 

成長していく過程で何かコスチューム的なものを着るといったら学生服。

2人は学生の時どんな制服だった?とりゅーどーさんの質問。

 

R:えっとー俺はブレザー。

K:俺もブレザーですね。

R:あっブレザーだったんだ。

 

和斗さんが零くんの制服姿は見たことあってもその逆は無いですもんね。

 

り:りゅーどーも、ブレザー。

R、K:…………

り:おい!Kazutoくん!今『は?』みたいな顔した!

K:学ランぽいイメージが……。

り:いやね、ここ(多分首元)が詰まってるのが嫌で……僕も夏になると開放的になってRayくんばりにちょっと開いてくるんですよ。

R:……ふっ。

り:あれ要らない情報?

K:凄いですね……想像してしまったんですけど……。

R:夏……の……第……?

 

零くん大丈夫ですか?笑

夏服の第何ボタン?とかそんな感じのニュアンスですか?

想像で補完できる範囲超えちゃったかな……(^-^)

 

り:そうだからここ襟が詰まってるのちょっとやだから。

R:あーまぁ確かに窮屈ですよね。

り:んでやっぱブレザーのほうが格好いい!

R:りゅーどーさんの時代ってブレザーあったの?

 

_人人人人人人人人人人人人人人人_
> ○○の時代って△△あったの <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

で、出~~~~www昭和生まれをぶん殴る発言奴~~~wwwwww

 

り:おいおいおいおいおい!いつの時代やー!コルァー!

R:あははは!

K:ブレザーって……意味、知ってます?

り:コラァー!笑

R:あっはっはっは!

 

学生服の流れで2人はどんな学生だったか?という話に。

 

R:俺はもう優等生でー、皆勤賞の。

K:うそうそ。

り:それ自称でしょ?自称。

K:そんな(風に)見えますか?

り:見えない!

 

即答!!

 

K:ですよね。

り:うん。

R:ん、まあ寝てたけどね!えっへへへ!

り:Kazutoくんは学生時代。

K:俺はもう絵に描いたような優等生で……。

R:まーたまたぁ!

K:音楽室が大好きでした。

 

少女漫画に出てきそうですなあ。

 

り:ちょっと放課後とかグラウンドに出て『何か音楽聴こえるな~』って振り向いたら。

K:あっそれ俺ですね。

R:いやいや。笑

り:絶対違う。絶対違う。ラジカセラジカセ。笑

R:ラジカセって!笑

り:カセット!

K:時代を感じますね。

R:えーそんな、いいんだ?音楽室で弾いたりとか出来るんだ?

K:全然。

R:へ~いいなあ。

 

和斗さんて謎が多いな~どこまで本当なんだろうね。笑

 

り:ふう~ん、何かオシャレだなあそういうのって。それで女子が寄ってくるんでしょ?

K:ふふ……。笑

り:あの、ドアを全部開けるんじゃなくてちょっと開けて、開いたドアの隙間からグランドピアノを弾いている姿を……。

K:ちょ、こわ、怖いです。笑

 

りゅーどーさんと和斗さんの脳内ビジョンに相違が生じてるぞ(^-^)

 

K:それ怖いです、ホラーホラー。

り:やってたでしょ!?居たでしょそういう人が!

K:それはもう、ご想像にお任せします。

 

学生時代なんて自分にとっては何十年前の出来事だけど零くんはまだほんの数年前の出来事だもんね、としみじみりゅーどーさん。

その頃では想像できなかった今のファンの皆さんとの出会いに感謝ですね、とまとめ。

 

次のメール紹介。

『エイトラの2人は人見知りをするタイプですか?』という質問。

 

R:俺はねー、人見知りしないっ!

K:でしょうね。

り:分ーかりますっ!

R:しないねっ!

K:俺はします。

R:Kazutoするの?

K:んーしますよ。

R:だって……えっそうなの!?

 

零くんにとっては意外なカミングアウトだった模様。

 

り:あのね、Rayくんと一緒に居るからそうなんですよ。

K:んー。

り:だってこのラジオが2月の頭に始まった時もKazutoくん本当に僕のこと見てくれなかったですから。

 

それどころか喋っただけで『Kazutoが喋った……!』って言われてましたからね。笑

 

R:あーでも確かにそうか!

K:最初の出会いあれですもんね。ずーっと喋らない……。

り:すーんごい印象悪い。

R、り:

K:それ言う……。

り:見てくれないんだもん!

R:俺とよく目が合うみたいな話してましたもんね!

り:そう。ずぅーっとRayくんの方見てんの。

 

うーん分かる……。

初対面の人と目を合わせて話するのって人見知りにとっては結構なハードルです。

 

R:でも最初声掛けてくれたのKazutoですよ!

K:そう……俺なんですよ。

り:えっ!

K:すごいその時は頑張っちゃったんですよね。才能に惹かれて……。

り:へえ~……。

K:これは声掛けとかないとなって思ってその時は。

R:え~それ嬉しいなあ!

K:だから多分あれでしょ?人見知りしないと思ったんでしょ?

R:うん俺は意外だったけど。でも確かにKazutoの周りの人に対してあんまり目合わせなかったりとか……あるか。

K:んー。

 

才能に惹かれて思わず声を掛けるって凄いね。

運命の出会い的な感じだなあ。

 

り:アレ……?才能ノ無イ人ダト目ヲ合ワセナイ……?

R:あっはははは!

り:ということで宜しいでしょうか……?

K:ひっねくれてる……。笑

り:そういう解釈で宜しいでしょうか~?

 

りゅーどーさん最初どれだけ警戒されてたんだろうか(つ-^)

 

り:でもホラだいぶね!見てくれたってことはりゅーどーおぢさんに対しても心をね、鉄の扉をこう少しずつ開いてくれてる。

K:今はもう……この3人だからこそここまで喋れてます。

 

後に2人でホテルディナーをレポートすることになろうとは思ってもいなかっただろうなあ……。

 

り:良かった俺ね鉄の扉1ミリでも開いたらそっから指入れてガー!!っと開けるタイプだから!!

K:ふふ……閉じます。笑

R、り:

 

りゅーどーさんは人見知りなんて言葉一回も経験したこと無い!と言い切る。

出逢った瞬間から友達!人類みな兄弟!基本上司であってもタメ口!

どこまで勢いで言ってるのかわからないけど。笑

得意ジャンルにコミュニケーション指導が入ってるだけあります。

その人のいい所を見つけて歩み寄っていくのがいい!好きになった方が仲良くなれると思う!と零くん。

 

り:じゃあホラ、Kazutoくんの良いところは?

R:んーKazutoの良いところか。やっぱ音楽的な部分で引き出しが凄い多い!俺の世界に対してすぐに応えてくれるというか、色んなアプローチで来てくれるっていうのが自分には無いところだからスゲェなあって思いますね。

K:嬉しいですね。改めて言われると。

R:いやーこんなんこういう場じゃないと言えないよ~。

 

相手の良い所をストレートに言えるのって簡単でいて難しいと思うのでエイトラちゃん達のお互いを尊敬しあう所凄く好きです(^-^)

 

り:Kazutoくんは?Rayくんの良いところ。

K:そうですね、やっぱりエイトラという世界観を若いながらにも創り上げているのが凄く上手くて。Rayが先陣を切っていくような……あの上手く言えないんですけど。笑

R:ふふ……。笑

り:もう照れちゃって。

K:上手く言えません。

り:照れちゃってんでしょそれ。もっと言いたいのにさ。笑

K:いやいやいやいや……。

 

何かニヤニヤしちゃうな!

 

R:そうなの?

K:いや、その先陣切っていくかのようにこれからも……。

R:ガンガン行きますよ俺は!

K:行ってほしいです。

 

こうやって2人が紡ぎだした音楽を一緒に聞いてみない?ってきっかけの一つにするのもいいですね、とまとめ。

 

今回はこのままエンディングです。

ED曲はTHE TRIANGLE。

 

K:EIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオは東映株式会社の提供でお届けしました。

 

ブログ始めてから最大の文字数になってしまった……。

今回は会話部分で伝えたい事が多すぎて結構な長さになってしまいました((((^-^))))

でも過去のラジオで言っていたこととかが最近のあの出来事、あの発言に繋がってるんだって分かると楽しい!とても!

エイトラックの良さは本当に文字だけじゃ限界あるので(しかも私の語彙力)CD化して欲しいなあ。

最近エイトラを知った人にも是非聴いてもらいたいです(`・ω・´)+*