読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんかくラジオ~第14回~

アーカイブ出たので畳みます(^-^≡^-^)抜かされた……

アーカイブ

youtu.be

エイトラちゃんのデビュー1周年から早くも1ヶ月が経過し2ndアルバムも発表になりました~!

ジャケ写も公開されてますます楽しみになってまいりました!

 

さてEIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオ

の、覚え書き第14回放送分。

5月11日配信第14回は和斗さんのオープニングコールからスタート。

OP曲はTHE TRIANGLE。

オープニングトークはコスモタワーコラボ無事終了の報告。

 

和斗さん(以下K):またやりたいですね。

零くん(以下R):はい!

りゅーどーさん(以下り):ねえ!ぜひぜひ次の展開も期待してます!その時はりゅーどーボイスもどこかに入れて下さい。

R、K:ふっ……

K:それは……。

り:おいおいおい考えるな考えるな!

K:それは……決められないもんねえ?

R:そうですね……じゃ後でマサさんとごゆっくりお話して下さい。笑

り:きいい~!

K:大人のね。笑

り:あ、大人のって言えば……。何でスタジオの中にお酒があるんですか?

R:俺も気になってた!

 

9回目の時エイトラ社員食堂に出てきた丸福さんを紹介した時に出てきた、和斗さん絶賛の日本酒亀の尾。

スタッフさんが都内を探して見つけて下さったとのことでスタジオに実物が。

 

 

K:是非これを味わってほしくて。

R:開けよ開けよ。……いいんですかここで飲んじゃって?

り:いいのかな?うん、良いみたい。

 

オープニングからアイドルが飲酒レイディオ。

 

R:あっちょっと待って俺りゅーどーさんに入れたい。

K:あ、じゃ良いよ。

り:なにりゅーどーの取り合い?いいよもっと取り合ってくれて。

R:笑。

K:俺はもう素直に譲りましたけど……。

り:こら!取り合え!笑

 

残念ながらものすごくスムーズに決まりました(・ω・)+*

零くんがりゅーどーさんと和斗さんのコップに注ぎ、零くんの分は和斗さんが注いでいざカンパーイ。

 

K:……うん。コレですよ。

り:ああ~。香りはとっても甘くてそんなにツンともせず……。これは美味い!

K:あれRay大丈夫?笑

り:Rayくん何か梅干し食べたみたいなすごい顔になってるけど。

R:んん~……分からん!

K、り:

K:あぁ~まあ……。

り:いやぁまだね?お子ちゃまには分からないかな?Kazutoくん。

K:いや~。ちょっと……グビっていっちゃいますよ、俺。

 

水を飲むかのごとくゴクゴク呑んでるのが聞こえてきます。笑

 

R:うおお~っ……。美味しい?

K:美味しい。はぁ~。

り:ああ~しみじみ……しかもミネラルウォーター飲むぐらいの勢いでゴクって。

R:いってましたね。

K:やっぱフルーティーですよね。辛口ではないので。

 

癖がないのでどんな料理にも合いそう、女性も飲みやすいかも。

とコメントされてる中ここで零くんがもうひとつ何かを発見。

 

R:あれっ!?もう1個あるよ!

り:この……赤い包み紙のシ ウ マ イと書かれたものは!私、中倉隆道の故郷の横浜崎陽軒のシュウマイじゃないですかー!

R:おお~!

K:ありがとうございます。

 

どうやらお酒のお供に用意された模様。

完全なるのんだくレディオやー!笑

横浜市民はこれを食べて育ってきてます!とりゅーどーさん。

 

り:2人ともあんまり崎陽軒のシュウマイは食べたことない?

R:多分初めて。

り:Rayくん初めて!?シュウマイは食べたことあるでしょ?普通の。

R:シュウマイはありますね!

K:俺もあるけど……。

R:えっなにこれ?!

K:これ醤油。

 

零くんひょうたん型の例の醤油差し初見!

崎陽軒|ひょうちゃん

 

R:醤油差し?

り:醤油差し。これはね崎陽軒独自なんですよ。

R:へぇー!キモかわいいっすね何か。笑

り:キモくない!笑 白の陶器に入ってて茶色のコルクがしてあってね。

R:かわいい。笑 欲しいコレ。

り:できれば醤油無しでそのまま食べてもらいたい!

R:へ~!じゃあそのまま。

り:今日はチンしてないかもしれないけど、温めると肉汁ジュワーですよ。

R:じゃあKazuto先いいよ。

K:いい?

R:うん。

り:何?ちょっと1つの串を手渡ししながら触れ合ってんの?この2人は。

 

ジェラってしまったりゅーどーさんを傍目に和斗さんシュウマイもぐもぐ。

 

り:どう?

K:美味しい、肉が詰まってて。

り:美味しいでしょ?それにお酒も合うんじゃない?注ごうか?

K:あ、ありがとうございます。

R:じゃ俺もいただきます。

 

お酒を注ぐ音とモグモグ音。

急に無言の空間。

 

K:笑……無言の……。

り:Rayくんが今食べてますよリスナーの皆さん。

R:りゅーどーさんもどうぞ、シュウマイ召し上がって下さい!

り:これはもうシュウマイもいいですけど何と言っても亀の尾。合いますわ!

K:亀の尾本当に……ありがとうございます、見つけていただいて。

R:なんか凄い贅沢してる気分。

り:Rayくんちょっとほんのり赤くなってきてる。

R:俺すぐ赤くなっちゃうんですよ!

り:え?何りゅーどー見たから?

R:いや違うねー。

り:何だよ……何だよ。笑 でも、美味しいよね?女性でも日本酒あんまり好きじゃないって方でも飲めると思う。

K:んー是非是非、飲んで下さい。

り:いやぁこれは進んじゃう。でも仕事とはいえ、日本酒を呑みながら……おつまみを頂きながら番組をやれるっていうのは。

K:すいません……ほんっとすいません。

り:ね?この上ない幸せですけれども。

R:まあでもね!タイアップも終わって……節目というか、記念になったんじゃないですか。笑

り:食べてる間喋れないからRayくんがまとめようとしてくれてるんだけど。笑

K:まとめてますねぇ。

R:まとまってました?

り:まとまってません!

R、り:はははは

K:ずばっと。

R:もう1個食べよ!

り:こんなほろ酔い気分の中番組はまだまだ続きまーす。

 

次はエイトラ社員食堂。

今回は零くん発信。

 

R:俺から行きましょう。ご存知アキバ大好き人間です、この間はね結構前半ですけど田中そば店ご紹介しましたよね。

り:あそこ美味しくってかなり行ってますよ!

 

りゅーどーさんもかなりお気に入りの様子。

だけど田中そばは人気だから混む!そんな時に零くんがたまに行くお店だそうです。

 

R:牛丼専門店のサンボさんというところです。

https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13006063/

K:Rayっぽいな。

り:知ってる!

R:えっ!りゅーどーさん知ってます!?

り:普通のところとね違うんですよね?

R:全然違う!これね暗黙の了解みたいなのがあって。

り:ローカルルールみたいなね?書いてはないんだけど。

R:書いてないんだけど。俺もね何回か行ってる内にね教わったんだけどね……まずね1個目がね。

K:はい……1個目。

R:そう3つあって1つ目が、余計な飲食物の持ち込み厳禁。まあこれはねどこのお店でもあるんだけど。

K:まあね。

り:ええ。

R:2つ目が、店内禁煙。

K:まあ、これも……分かる。

R:これもねあるんだけど。で3つ目が話したりとか笑ったりとか、あとはヘッドホンで音楽を聴いたりとか、あとは携帯電話の使用(メール等も含む)……などは絶対禁止。

K:じゃ携帯出しちゃいけないってこと?

R:そう、だからカウンターとかに出したらアウト。

K:アウト……。笑

R:ちらっと見られて。

り:常連の人からね。

K:へえ~……厳しい。

R:結構おひとり様が多くって。

り:アキバ男子たちが通い詰めるようなお店で。もう牛丼しかないから、入ったらすぐに出てくるっていう、あとはもう大きさくらいね。

K:あぁ~。

り:大盛りにするかどうかっていうぐらい。

R:ここはねーでも俺も言いたいんだけどねぇ、上手く言えないからりゅーどーさんに任せた。

り:振るのかいこっちに!笑

R:ラッキーと思って。笑

K:丸投げだな。笑

り:よくある普通の大手牛丼チェーン店だと、つゆだくとか肉に結構汁がしみていたりするんですけど、ここのサンボのお肉っていうのは勿論時間を掛けて染み込ませてはいるんだけど、つゆだくみたいなジューシー感はさほどないです。

R:うんうん。

り:だからお肉をしっかり食べてるなって感じなんですよね。

R:そう!そうなんです、まさにそう!!

り:ここだけノってきたな!笑 で、肉の量が多めで玉ねぎが若干少なめ。だから肉大好きな男子にはぴったんこなお店なんですよ。

R:そう、ご飯も多いから肉たっぷりご飯たっぷりで食べごたえがある!

K:女性行きづらい感じですか?

り:あのね店構えがちょっとそのーとってもすごい綺麗……変な日本語になっちゃった、そういう感じではなくて……。

R:歴史を感じる……。

り:そうそう昔ながらの建物で、ふらっとサラリーマンとか男の子が入って、食べにだけ来て帰るようなお店なんですよ。

R:牛丼屋さんてどこもそういう文化ですよね、時短でおいしくボリューミーみたいな。

K:結構厳しい頑固親父とかいう……?

り:僕の時には元気なお母さんたちがいて何にしますー!はいお待ちー!って感じ。

R:おばちゃんたちがね、いい感じで。

 

りゅーどーさんは初めて行った時写真を撮って、周りから刺さるような視線を頂いたそうです。笑

食べログにも何枚か写真上がってるけどこのルールを聴いた後だとその場にどんな空気が流れたのかは想像に難くない((((^-^))))

 

R:今度Kazutoも行こ?秋葉原だから。

K:ちょっと興味はあるね。

り:ほんと大衆的な食堂だと思ってもらえれば、とってもいい場所だと思いますよ。エイトラファンの方もね、是非行ってもらいたい。

R:その時は3つのルールをね忘れずに行けば、美味しく、楽しく……。

 

ローカルルールがあるせいかwikiまで存在してます。

サンボ (牛丼店) - Wikipedia

 

K:じゃあ……いつかコラボしてコラボ牛丼とか。笑

R:コラボ。笑

り:もうさあKazutoくん最近色んな所とコラボしたがる。欲出まくりだよね!笑

K:面白いかなあって今ちょっと。笑

り:どういう風にコラボすんの?アレンジ?紅しょうがをブルーにする?ブルーローズ的な。笑

R:笑。

K:ブランデーベースの……。笑

り:食べないわ!そういうの受け入れるお店じゃないから!笑

 

コーナー終わりでTruth。

 

蛇足なのですがエイトラちゃんにまつわるアキバのお店、土地勘なかったり方向音痴な方は秋葉原駅から向かうより銀座線の末広町駅使ったほうが移動距離少なくてラクです(・∀・)

サンボは中間点くらいにあるんですがカールスジュニア、ガチャポン会館、田中そば、最初のコラボカフェを開催したQUEEN DOLCEは秋葉原駅より末広町駅のほうが断然近いですぞー(^-^≡^-^)

 

CM明けてエイトラブ。

『朝起きるのが苦手なのでエイトラの2人に方言で優しく起こして欲しい』というリクエスト。

台詞は特に指定がなかったので番組側が用意。

2人にそれぞれ違う方言が渡される。

零くんは関西弁。

 

り:ちょっと読んでみます?

R:おはようさん……こ、これ何のニュアンスもなしの下読みでね?

り:うん。

R:朝やで。そろそろ起きてもええんちゃう。起きへんかったらチューするで。(棒)

K、り:

R:これけっこうきついなあ!

K:これは……。

R:恥ずかしいねコレ……。

K:俺の、そもそも何弁なんですか?

 

和斗さんに渡されたのは博多弁の模様。

りゅーどーさんが読み上げてるの聴いた限りではかなり難しそう。

 

り:じゃあRayくんから行きますか?

R:えー!え、りゅーどーさんて関西弁ちょっとは……?

り:生粋の横浜っ子ですっ。

R:ですよね~。なんでも知ってそう。

り:ただあのーNHKのアナウンサー長くやってたんで全国の方言も勉強するんですよ。

R:えー!そうなんですね……。

り:それぞれ何となくは分かりますよ。で、うち父親が博多の出身なんで博多弁も分かるんで……。

K:へえー。

R:あ、じゃあ手直ししつつ……。

り:僕の知ってる範囲の関西弁指導ということで。もしRayくんのがダメだった場合には茶々を入れます。

K:おいそれ俺のだろ。

R:ん?

 

なにごと(^-^≡^-^)

 

K:お前自分のでやれよー。

R:なになになになに……あっコップ間違った?日本酒のコップ間違った。

K:もぉー。

り:おーーーーーーーーーい……。

R:言う前に喉を潤しておこうと思って……。

り:あのさあ。何ですか1つのコップを共有するって。

R:間違っちゃった。置く場所が悪いよ!

K:置く場所がねそうだね。

R:そうだしょ……。だしょ。笑 呂律が回ってない。

り:何動揺してんの。笑

K:1番端っこにしますもう、取られないように。

り:あっちょっと待ってKazutoくん!それ今Rayくん飲んだとこ飲んだでしょ!?

R:いやいやりゅーどーさんめっちゃ見て……。笑

り:そのコップどうすんだろうって思いながら。

K:ちゃんとずらしてます。笑

R:ずらすって何なん……。笑

り:も~何だ何だ?もう読んじゃってよ~。

R:はいじゃあ行きますね?

 

グダグダです(´・v・)

ここからは文字に表すのには限界があるので是非アーカイブで聴いて頂きたい!

まだ先だけど……。

 

R:はい、じゃあ……関西弁で。

り:はい。

R:オハヨウサン!朝ヤデ!

り:ちょっと待ってちょっと待って!もう棒読み!!

R:え~うっそぉ!

り:オハヨウサンて駄目でしょそんなの。笑

R:なんだろ!駄目だった。

り:あなたは関西人です。

R:はい関西人ですね。

り:関西に住んでる。

R:今こう、起こしに行ってる。……はい!オッケーです。

り:はい。

R:おはよぉさんっ!

K、り:ふっふ……。

R:朝やでっ!

り:ちょっと待ってちょっと待って。あのねえ、自然に会話してくれる?棒読みでしょー?

R:うそぉ。

り:じゃあRayくん読みで俺読んでみるよ?

R:はい……。

り:おはよぉ↓さんっ!朝やでっ!……こんな感じだよ?自分の読み。

K:小学生みたい。

り:ねえ。

R:おはよぉさん……えっどしたらいいんだろ……おはよぉさんて……。

り:おはよ↑うさん。

R:おはよ↑うさん。

り:朝やでー?

R:朝やでー?

り:そう朝なんだよ~って。

R:おはようさん。朝やでー?そろそろ起きてもええ↑んちゃう?

り:なんか変なところにイントネーション来るね?そろそろ起きてもええんちゃう?

R:そろそろ起きてもええんちゃう?

り:うんうんうん。

R:起きへんかったらチューするでっ。

K、り:ふっふふふ……。

R:笑……どうですか……。

り:Kazutoさん。

R:まだまだ……これから……。

K:これは……。笑

R:ちょ、もっかいじゃあいいっすか!

K:ちょっと……。

R:チャンス、もっかいチャンス頂戴?いいっすか?

り:いいよ?

R:おはよぉさん。朝やで。

K:ふっふ……。

R:そろそろ起きてもええんちゃう?起きへんかったらチューするでっ。

K、り:

R:全然わかんねー!笑

 

K:むずむずする……。

り:そうそうそうそう!笑

R:むずむずする!?

り:起きられない!布団から出られない!

R:何ですか何ですか!もう全然浸透してない言葉が……体に。笑

り:関西の皆さん……ごめんなさい。

R:ごめんなさいですねほんとこれは。

K:難しいですねぇ。

R:難しい!

り:難しいですよ~それだからこそのお国言葉の良さがあるわけで……。じゃあここまでRayくんが頑張ったんで……。

R:頑張りましたね~。

り:Kazutoくんにもね

R:Kazutoやって!

K:博多弁……でも俺は出来ないなぁー。

り:えー言えるんじゃない?

K:おは……おはよお……ふっふふふ!

R:やってよー。

K:ちょっと見本見せてもらっていいですか?

り:おはよう。朝よ。そろそろ起きてもいいっちゃないと?起きへんかったら、チューするけんね!

K:……おはよぉ、ふふふふ……!駄目だ。

R:駄目そう?駄目そう?

り:駄目だねいつものパターンで……。

K:や、ちょっとツボってる……。笑

R:ツボったって!笑

K:もう駄目です……。

R:まあコンポーザーだから。

り:しょうがないねここはね。

R:かずやんだから仕方ないな。

K:博多弁は博多の皆さんの大切な方言だと思うので……。

り:じゃあどこのお国言葉だったら喋れますか?

K:東京で、お願いします……。

り:あっはっはっはっは!

K:いやー駄目だ今日、日本酒呑んでるから……すみません。

 

 

R、り:

り:それでガンガンね、Rayくんが呑んだ後を呑むという……何ですかこの……ちょっと桜色になったRayくんがりゅーどーおぢさんの目の前に居て。

R:いやすぐ赤くなっちゃうんですよね顔……。

り:可愛らしい。

K:でもちょっと隆道さんも。

り:僕はあの、2人を見てるから赤くなってます。

R、K:…………

り:……おいっ!!

R:いやむず痒い今の!起きれないわ!

り:方言で言おうか?横浜弁で!

R:ありますそんな?

り:『じゃん』しか言わないわ!笑

K:凄い、時が止まったね。

 

また言って欲しい方言を台詞とともに送って下さいね~とりゅーどーさん。

零くんはまた挑戦したい!と意欲満々だけど和斗さんは台詞はちょっと……でもピアノなら、とのこと。

 

 

零くんの方言も和斗さんのピアノもファンが喜ぶやーつですね~。

今回はこのままエンディング。

ED曲はTHE TRIANGLE。

 

り:ということでね今日もあっという間のこの時間でしたけれども……。

R:はい、あーーん。

K:ふっふふ急に……。

り:笑。……Rayくん!

R:なになに。いや崎陽軒のシュウマイ余っちゃうんで!

K:急すぎる……。笑

 

 

R:食べよ食べよ。

り:なにあーんして食べさせてんの。笑

R:そういえばこれ食べないとと思って。

り:ねえねえねえなんで楊枝を戻すの?

K:急すぎ……っ。笑

り:目の前に居るよ?居るよ?りゅーどー居るよ?

R:はいじゃありゅーちんもりゅーちんも。りゅーちん、はーい。

り:あーーん。うーんうまいっ!これでもうりゅーどーおぢさん2週間くらい命延びてます。

R:2週間延びた。笑

K:ふっふふふ……!

 

完全に飲み会のノリ。笑

りゅーどーさんモグモグしながらもまとめに入ります。

 

り:ごめんなさいね食べながらちょっと喋っちゃいますけれども。

R:はいKazuto、はいKazutoはーい。

り:でもこうやって呑みながら食べながらやってますけれども、ほんとにまた次回の放送……。

R、K:

り:なにまたあーんしてんですか、そこ!まあいいや!そういう事で、今回はこれでおしまいです!

R:はい!

K:ふぁい……。

り:笑。また次回会いましょう、さよなら~!

R:あいましょー!

K:ふぁ……ふぁよなら……。

R:ばいばーい!

K:ふぁひあとふぉざいふぁす……。

 

和斗さんがモグモグしたままエンディング。

 

R:EIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオは、東映株式会社の提供でお届けしましたっ。

 

今回はちょっと今までと違った雰囲気の回でした(^ω^)  

崎陽軒のシュウマイ食べたくなってきたー。