読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さんかくラジオ~第23回~

アーカイブ出たので畳みます(☉ω☉)

 

www.youtube.com

EIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオ

の、覚え書き第23回放送分。

7月13日配信。

OP曲はシースルー。

 

OPトークは最近の収録時間について。

30分番組なんだけど実は毎回倍くらい喋ってるらしいです。

そしてその弊害として暫くやってないコーナーが出てくる!

それがエイトラブらしく、今回はエイトラブスペシャルです☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ

と、その前に。

 

りゅーどさん(以下り):では早速いきたいと思います!

零くん(以下R):りゅーどさんその前に!

り:何?

R:差し入れ忘れちゃ駄目じゃないですか!

 

差し入れを終わらせないとラブに集中できない!という零くん。

花より団子……(^-^≡^-^)

今週の差し入れもマサさんから。

四国銘菓一六タルト。

www.itm-gr.co.jp

これは有名ですね~私も食べたことありますぞ( ・`ω・´)b

りゅーどーさんはNHK時代松山にいたのでよく召し上がっていたそうです。

一六タルトの説明をりゅーどーさんがしている横でなにやらヒソヒソごそごそやってるエイトラちゃん。

 

和斗さん(以下K):今隆道さんが喋ってるから……。

り:いいですよ。またやっちゃって。笑

K:あっ……どうぞどうぞ、続けて下さい。

り:今ねRayくんが必死に開けようとしてるけど……開きます?

R:あっ大丈夫です開きました。

 

見た目はロールケーキそっくりだけど味は果たして。

実食タイムです。

 

R:甘いもの大っ好きなんですよねぇ~。

り:嬉しそうな顔ですね~Rayくん!笑

K:……開け方下手だよね?

 

大っ好きなんですよねぇ~の発言が笑顔想像できるようなレベル。

暫くがさがさ奮闘してようやく開いた模様。

 

R:じゃ、いただきます!……うわっすっごいしっとりしてる。

K:あ、凄いねぇ。へえ~。

り:香りは?Rayくん。

R:んー!なんだろコレ!

K:このこしあんに、絶対これ柚子かかぼすが入ってます。

R:ほんとだ柑橘系の酸味というか……。

K:うん。すごいそれが……来ます。

り:来ます?笑

 

あんに練り込まれてるのは柚子でした~。

結構はっきり柚子の味と香りが主張してるんですよね(^-^≡^-^)

りゅーどーさんは一度勧められたものの、四国時代たくさん頂いてるので……と実食しない流れかなと思いきや。

和斗さんの『ノーセンキューですか?……俺のを受け取れないってことですか?』発言により慌てて受け取るりゅーどーさん。笑

 

り:ちょっとほろ苦いお茶にも合いますね。Kazutoくんお酒にはどうですかこれ?

K:お酒……。

R:流石にこれはお酒じゃないっしょ?

K:んーでも、合わなくはない。

R:すげーなあ!笑

K:絶対合わないとかそういうのは無い。

R:何でもイケるんですねお酒って。

 

柚子が入ってるので辛めのお酒に合うかも、とりゅーどーさん。

零くんが2つめをモグモグしたところでいよいよエイトラブのコーナー。

 

最初のメール。早口言葉で対決して欲しい!という内容。

リスナーさんから対決方法と罰ゲームも指定。

3回ちゃんと言えたほうが勝ち。

言えなかったら罰ゲームで、リスナーに向けて夏のデートへのお誘いの台詞を言う。

1『生麦生米生卵』。

2『東京特許許可局』。

3『庭には二羽鶏がいる』。

この3つを続けて言うことに。

説明の最中りゅーどーさん『東京特許許可局』をどうしても『東京特許とかきょく』と言ってしまう。笑

 

K:ははーんさてはアナウンサーじゃなかったか。

R:ははっ!!

り:はっはっはっはっは!

R:何なんすかりゅーどーさん実は?笑

り:えー、趣味でした。

R:笑。

 

そしてさっそく対決開始。

判定はりゅーどーさん。

じゃんけんの結果先攻は和斗さんです。

 

K:生麦生米生卵。東京特許許可局。庭には二羽鶏がいる。

R:……何か、流れ悪くね?笑

り:でもね、まぁ~~~~マルに近いさんかくでしたけど、セーフです!

K:あっ。これやっぱり2番が曲者ですねえー。

 

後攻、零くん。

 

R:生麦生米生卵。東京特許許可局。庭には二羽鶏がいる。

K:おー……。

R:これ完璧じゃないっすか!?

り:今、完璧に見えたじゃないですか。許『きゃ』。

K:あー残念。

R:うそお!うそお!

り:か、じゃありませんでした。

R:ちょっリピートリピート!リピートないの?!

 

厳しい!笑

普通に成功したもんだと思ってました。

審議不可なのでもう一度零くんが挑戦することに。

いいのか!?笑

 

R:生麦生米生卵。東京特許許可局。庭には二羽鶏がいる。……俺さっきもこうだったような気がするんだけどなあー。

り:今は、セーフです!これどうしようかなあー!どっちかというと、まあ簡単に点をつけてしまいますと……Rayくんの勝ちです!

R:おっ!!

K:……もっと他のやつないですか。

 

 

 

 

採点のポイントは東京特許許可局の『可』。

和斗さんが他のものを所望したので急遽もう一つ。

『レモンメロンルミオンルミオロメン』

レミオロメンではなくルミオロメン。

notこなあああゆきいいいい。

今度は止まらず2回言えたら成功。

零くんから挑戦。

 

R:レモンメロンルミオンルミオロメン、レモンメロンルミオンルミオロメン。

り:おお~っ。

K:ちょっと、遅くない?

 

自らハードルを上げてしまったような気がする和斗さんの挑戦。

 

K:レモンメロンルミオンルミオロメン、ムレモンメロ△ルミオンルミオロメン……。

R:いやいやいや!笑

り:はいブーーーーー!

K:えっ言えてますよね?

R、り:いやいやいや!笑 全然

 

和斗さんもう一度言ってみるもやはり後半がぐだぐだ気味に!笑

これで零くんが和斗さんくらいの速度で成功したら、確実に零くんの勝ち。

ということで零くんが再度挑戦。

 

R:レモンメロンルミオンルミオロメン、レモンメロンルミオンルミオロメン!

K:ハー……。

り:ん~最後ちょっと危なっかしげだったけども、セーフ!

 

というわけでこの勝負零くんの勝ち!

夏のデートへのお誘い台詞は和斗さんが言うことに。

台詞は用意済み。笑

 

り:Rayくんを相手に読み上げて下さい。

R:えっなになになになになに。笑 お、おお俺が相手役?

り:はい。

R:それ知らなかった。笑

 

急に相手役に指名されてびっくりしてる零くんが相手役となり罰ゲームスタート。

 

K:Ray。

R:ん?何?

K:あのさ。

R:うん。

K:今週末、花火大会あるんだけどさ。一緒に行かない?

R:今週末?

K:そう。……お前の浴衣姿、見たいな。

R:……ごめんちょっとジム行くわ。ジムの予定入ってるわ。

K:そっか……。じゃあ……俺も行くわ。

R、K:……笑。

り:はっはっはっはっはっは!!!!はいしゅーーーりょーーーー!

 

なんだこれ?笑

零くんが途中まで若干女子っぽい口調で受け答えしてたのがドチャカワでした( ˘ω˘)

ん?なぁに?って感じで……。

勿論用意された台詞そのままではなかったようですが、これはこれで楽しさが。笑

本来どんな台詞になってたのかは謎のまま。

 

まだまだ続くエイトラブ。

続いてのメールは、例のビッグタオルに合う台詞を言って下さい!というもの。

零くんのフロント100%でも盛り上がったあのビジュアルにどんな台詞がつくのかな(^-^≡^-^)

 

R:俺のここ、開(あ)いてます。

K:じゃあ……俺の背中、開(あ)いてます。

R、K:……ふふ……!!

 

やっぱりちょっと台詞とか調べようか、という流れに。

2人が調べている間雑誌のグラビアで公開されたジムでのショットの話に。

和装も露出度が高かったけどこちらも2人揃って胸筋がばっちり見えてますΣ(゚∀゚ノ)ノ キャ

露出度の話をしている間に回答完成。

和装ビッグタオルの絵柄を思い出して聴いてみましょう( ˘ω˘)

 

R:怪我はないかい?お嬢さん。

K:曇りなき心の月を先だてて浮世の闇を照らしてぞ行く。

R:……笑。

K:これ伊達政宗の辞世の句なんですよ。……今時間かけて調べた割にすごいサムかったね……。

R:笑。凸凹コンビだったね。

K:Rayさあ……俺いっつもオチじゃん?

R:いやオチってことはないよ別に!笑

K:次オチやってよ。

 

トリとかそういう言い方じゃなくてもうオチって言い切っちゃってる。笑

次はRayがオチやってよ?と念を押しつつ早くも次のアテレコに突入。

 

K:れーい。

R:んっ何?

K:さむーい。

R:うん?じゃあ……岩盤浴でも行く?笑

K:Ray。さむーい。

R:25℃にする?

K:Ray、寒いってば。

R:ほらこっち来いよ。あっためてやるから。

K:…………それさむーい。

R、り:

 

厳しい。笑

オチは大変だよね!っていう結論になりました。オチって。笑

次も勿論エイトラブ。

彼女が熱を出した時のシチュエーションで看病する時の台詞をお願いしますというメール。

再びエイトラちゃん達の掛け合いで台詞を発表する方式!

どっちやる?と問う和斗さんに対しまずは台詞考えさせて!と零くん。

しかし和斗さんの提案により勢いによるアドリブでいくことになりました(^-^≡^-^)

和斗さんが先に看病される彼女役(零くん談『42度ね!』←命に関わる。笑)。

 

K:うーん……うーん……。

R:えっ!すっごい熱あるじゃん!

K:だって42度だもん……。

R:おい何で動いてんだよ、もういいから寝て!あっそうだおかゆ作るよ。

K:ほんと?

R:うん。……ふふ!笑 ちょっと待って!……じゃ、今作るね!おとなしく看病されとけよお前~。

K:うーん……。

R:いっつも無理しちゃうんだからさ。

K:……あっやばい。ふふ……。あっ目……くらくらする!笑

R:ふふっ……。ばーか。笑

R、K:笑……。

R:はいカットー

K:その最後のばーかって何なの?

R:なんか分かんない!笑

 

 

 

 

和斗さんの彼女役途中で自分でも笑っちゃってたけどちょっと面白かった。笑

というか途中途中で耐えきれなくて噴き出してる声がしてるんだよね(^-^)

次は役入れ替えで零くんが看病される彼女役。

 

R:あ~……あ、Kazuto来てんの?ありがと。ちょっと風邪引いちゃってさ。

K:ほんと?病院行きなよ。

R:……いや、病院ちょっと行けないわ今、だるくて歩けない……。

K:救急車。

R:きゅ、救急車……お前何しに来たんだよ。笑

K:ふっふふ……。ごめん、ちゃんとやるわ。

R:笑。頼むわほんと。

 

ほんと何しに来たのかな!笑

笑いすぎてお腹痛くなる(つ-^)

 

K:大丈夫?

R:ありがとね、来てくれて。

K:なんか要る?

R:そうだなぁ~……なんか体にいいもの……あんま食欲ないんだけど。

K:本当?でも食べたほうがいいよ。

R:そうだよね、何かいいのあるかな?

K:うん、買ってきたから。はい。

R:ありがと。……何?

K:……ゼリー。

R:笑……ゼリー。あ、俺好きだわゼリー。ありがと。

K:熱が下がるまでさ、ずっと側にいるから。

R:ほんとに?

K:ちゃんと寝て早く治しなさい。

R:……笑。ありがと。じゃあちょっとあーんして、ゼリー。

K:笑。命令?じゃあーんして。はい。

R:あ、やべ。……こぼしちゃった。

K:もう~いけない子だ……。

R、K:

り:はいカットー!笑

 

ぶふぉー( ᐛ )・;'.、

ちょいちょい笑いに引っ張られつつも何とか聴いてたのに和斗さんのいけない子だ、で腹筋崩壊しました。笑

エイトラちゃん笑いが残ったままエンディング。

ED曲はシースルー。

 

K:EIGHT OF TRIANGLEのさんかくラジオは東映株式会社の提供でお届けしました。……東京特許許可局

 

きょきゃきょく気味。笑

リスナーさんからのメールは確かに女子が憧れるシチュエーションだったり台詞だったりするはずなのにエイトラちゃんが男女で役割分けるとどうしても笑いが起きてしまうのであった……。笑

 

 

 

 

ラブって難しい~(^-^≡^-^)